WorldEdit

WorldEdit は、領域のコピー&ペースト、選択範囲編集、作図などの、強力な地形編集を可能にするプラグインです。
繰り返し構造の多い大規模建築や、広範囲の土木工事、建築物の移築などに非常に重宝します。




主なコマンド

領域選択

構 文 効 果 必要な権限
//pos1 足元を領域の1つめの角に指定する。 Regular
//pos2 足元を領域の2つめの角に指定する。 Regular
//hpos1 カーソルが指しているブロックを、領域の1つめの角に指定する。 Regular
//hpos2 カーソルが指しているブロックを、領域の2つめの角に指定する。 Regular

クリップボード

構 文 効 果 必要な権限
//copy 現在選択されている領域内を、クリップボードにコピーする。 Regular
//cut 現在選択されている領域内を切り取って、クリップボードに取り込む。 Regular
//paste [-a] クリップボード内のモデルを、相対位置を維持して貼り付ける。
[-a]が付いた場合は、領域中の空気を無視して貼り付ける。
Regular
//rotate <90/180/270> クリップボード内のモデルを、基準点を中心に<90/180/270>°水平に回転させる。 Regular
//flip <<N/S>/<E/W>> クリップボード内のモデルを、領域と基準点の相対位置を維持して<南北/東西>に反転させる。 Regular
//schematic save <名前> クリップボード内のモデルを、<名前>でサーバーに保存する。 Regular
//schematic load <名前> サーバーに保存されたモデル<名前>を、クリップボードに読み込む。 Regular

領域操作

構 文 効 果 必要な権限
//set <ブロック> 現在選択されている領域内に、<ブロック>を配置する。 Regular
//replace [ブロック1] <ブロック2> 現在選択されている領域内の[ブロック1]を、<ブロック2>に置換する。
[ブロック1]が指定されていない場合は、空気以外のすべてを<ブロック2>に置換する。
Regular

平面操作

構 文 効 果 必要な権限
//fill <ブロック> <半径> [深さ] 足元から<半径>mの範囲を、障害物がない限り<ブロック>で埋める。
[深さ]が指定された場合、同様の効果が下にも及ぶ。
Regular
//drain <半径> 足元から<半径>mの球状の範囲にある液体を取り除く。 Regular
/fixwater <半径> 足元から<半径>mの範囲で水の広がりの再計算を行う。 Regular
/fixlava <半径> 足元から<半径>mの範囲で溶岩の広がりの再計算を行う。 Regular

作図

構 文 効 果 必要な権限
//cyl <ブロック> <半径> [高さ] 足元を中心とした<半径>mの円を<ブロック>で生成する。
[高さ]が指定された場合、足元を底とする円柱になる。
Regular
//hcyl <ブロック> <半径> [高さ] ↑の空洞版。底と天井は生成されない。 Regular
//sphere <ブロック> <半径> 足元を中心とした<半径>mの球を<ブロック>で生成する。 Regular
//hsphere <ブロック> <半径> ↑の空洞版。 Regular
//pyramid <ブロック> <段数> 足元を底とした<段数>のピラミッドを<ブロック>で生成する。 Regular
//hpyramid <ブロック> <段数> ↑の空洞版。底は生成されない。 Regular

ツール

構 文 効 果 必要な権限
// スーパーピッケルが有効になる。 Regular
//sp <area/recur> <範囲> ↑が有効になっている場合、ツルハシで左クリックしたブロックから<範囲>mにある<立方体状/球状>の範囲の同じブロックが一度に破壊される。<範囲>の最大値は5。 Regular
//wand 領域選択に使う道具(ニンジン付きの棒)が手に入る。 Regular

その他

構 文 効 果 必要な権限
//undo 元に戻す。 Regular
//redo やり直し。 Regular
/unstuck 作図機能の使用や /tp 失敗など、生き埋めになった際に脱出する。 Visitor
//limit <ブロック数> 編集可能な最大ブロック数を<ブロック数>に変更する。 (Operators)

  • <>内は必須項目、[]内は任意。
  • ワールドの大破壊や鯖落ちを防ぐため、<半径>は最大64m、編集可能ブロック数は最大65536個となっています。





基本編

領域選択

WorldEditのほとんどの操作では、まず対象とする領域を選択する必要があります。

plugins.worldedit.basic.region.1
領域選択には「ニンジン付きの棒(ID:398)」を使用します。
デフォルトでは木の斧なのですが、すしクラではTreeAssistとの兼ね合いのため変更してあります。

plugins.worldedit.basic.region.2
選択したい直方体領域の、一方の角(pos1)をニンジン付きの棒で左クリックします。
Creativeモードで叩いても壊れることはないので安心してください。

plugins.worldedit.basic.region.3
続いてもう一方の角(pos2)を右クリックします。
メッセージ末尾の()内の数値は、選択領域の体積です。

plugins.worldedit.basic.region.4
これで領域選択ができました。

なお選択したい領域の角が空気や水などカーソルを合わせられない物体の場合は、
それぞれ //pos1, //pos2 などコマンドで代用することもできます。


クリップボード

WorldEditの機能で最もよく使用するもののひとつとなります。

plugins.worldedit.basic.clipboard.1
//copy と打つと、選択した領域をゲーム内クリップボードにコピーします。

plugins.worldedit.basic.clipboard.2
ペーストしたい場所に移動します。

plugins.worldedit.basic.clipboard.3
//paste と打つと、選択した領域との位置関係をそのままにペーストします。
また //copy だけでなく //cut も可能です。その場合は、コマンドを打った時点で選択した領域内が消滅します。


領域操作

これらもまた最もよく使用する機能のひとつです。

//set

plugins.worldedit.basic.set.1
plugins.worldedit.basic.set.2
"//set <ブロック>" と打つと、選択範囲を<ブロック>で埋めることができます。


//replace

plugins.worldedit.basic.replace.1
plugins.worldedit.basic.replace.2
"//replace [ブロック1] <ブロック2>" と打つと、選択範囲の[ブロック1]を<ブロック2>で置換します。

plugins.worldedit.basic.replace.3
plugins.worldedit.basic.replace.4
[ブロック1]を省略すると、選択範囲の空気以外全てを<ブロック2>で置換します。



発展編

文法

ブロックの名前

plugins.worldedit.advanced.name
ブロックの指定には、旧ID(数字)のほか、新ID、慣用名などが使用でき、比較的柔軟です。
上の画像では4通り全てにおいて苔石を指定できます。

メタデータ

plugins.worldedit.advanced.metadata.1
plugins.worldedit.advanced.metadata.2
<ブロック>:<メタデータ> の形式で、ブロックのメタデータを指定することができます。

確率指定

plugins.worldedit.advanced.probability.3
plugins.worldedit.advanced.probability.4
<百分率>%<ブロック> の形式でブロックを指定すると、その確率で複数のブロックをランダム配置することができます。

plugins.worldedit.advanced.probability.1
plugins.worldedit.advanced.probability.2
確率を指定せずに複数ブロックを羅列した場合、それらの発生確率は等分されます。


クリップボードの回転

plugins.worldedit.advanced.rotate
"//rotate <90/180/270>" でプレイヤーの立っていた位置を中心に回転させることができます。


クリップボードの反転

plugins.worldedit.advanced.flip
"//flip <<N/S>/<E/W>>" で選択範囲とプレイヤーとの位置関係をそのままに反転させることが.できます。


//paste -a

plugins.worldedit.advanced.noair.1
この青のJテトリミノをはめようと //cut → //paste すると、
選択範囲内の空気が貼り付け先のブロックを消してしまいます。

plugins.worldedit.advanced.noair.2
"//paste -a" と引数を追加すると、選択範囲内の空気は無視されて貼り付けられます。
地形を破壊せずに高架橋を建設したい場合などに特に役立ちます。

  • 最終更新:2017-07-25 09:58:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード